睡眠導入剤・安眠剤のメリット・デメリット

睡眠導入剤・安眠剤のメリット・デメリット

不眠症

睡眠障害・不眠症は日常生活に影響をおよぼします。
次の日はすっきりせず、体調を崩したり、日中の仕事に影響することもあります。

 

また、悪化すると病気を発症する恐れもあります。
そんなときに利用するのが、お薬。睡眠導入剤や安眠剤です。
市販薬もありますが、病院で処方してもらうこともできます。
長いこと不眠に悩まされていた方でも、薬物療法によってぐっすりと眠れて休息がとれることが多いです。

 

睡眠導入剤や安眠剤を利用するメリット


すんなりと眠りにつけることです。どのような症状にも効き目があり、眠りたい時間にぐっすりと熟睡することができます。
また、精神安定作用もあるので、気持ちを落ち着かせることも可能です。
確実な効能が、睡眠導入剤や安眠剤の最大のメリットです。

睡眠導入剤や安眠剤を利用するデメリット

副作用があります。無論、副作用がほぼ出ない方もいますが強い副作用で体調を崩すこともあります。
とはいえ、最近は安全性の高いものも増え、医師にも相談すると低用量のものが使えます。
ただ、依存性がもっとも危険なものです。薬で眠ることに慣れてしまい、薬が無いとまた寝れなくなることが多いのです。
薬離れする練習も重要ですし、あまり頼り過ぎないことがポイントになります。

 

また、薬物療法は根本的解決にはなりません。
不眠症を治していくためには、その原因を排除することが重要です。
たとえば、ストレスを発散する、適度に運動する、バランスよく栄養をとるなど。
生活習慣を改善することは健康にも良いことです。

 

軽度なら薬よりサプリメントと生活習慣の改善の方が身体への負担もなく、根本的解決につながっていきますので、まずはそういった方法をとってみましょう。