睡眠に与えるストレスの影響

睡眠に与えるストレスの影響

睡眠に与えるストレスの影響

健康体とストレスは離しても離し切れないほどの関係があります。
現代人が悩む不眠症の原因の多くが、ストレスの影響とされています。
自分ではストレスを感じている自覚がなくても、小さいストレスが日ごろから溜まっているのかもしれません。

 

仕事の責任感、人間関係、家庭の悩み、子どもの教育などなど。
私たちは、日ごろの環境にストレスを感じるものがあります。
大きなストレスを一度に感じなくても、小さなストレスが重なるとそれは大きくなり、不眠症につながってしまいます。

 

不眠症の症状は人それぞれ異なります。
とにかく寝付きが悪くなる、熟睡できない、夜中に何度も目が覚める、朝方目が覚めると二度寝できなくなる、など。どれかひとつの場合もあれば、複数の症状が重なることもあります。

 

このように、ストレスが影響することから、不眠症を解決するためにはストレスをなくすことが大切です。
しかし、言葉では簡単に言えても、ストレスフリーになることは簡単ではありません。

 

そこで考え方を少し変えてみましょう。ストレスをなくすというより、気持ちをリラックスさせることを意識してください。
生活における一工夫で、リラックスすることができます。

 

たとえば

お風呂に入り方

睡眠に与えるストレスの影響

38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯でお風呂にゆったり浸かるようにしましょう。
大体20分ほど浸かっていると副交感神経が刺激されて睡眠がとれやすい身体を造れます。

ヒーリングミュージックを聴く

睡眠に与えるストレスの影響

クラシックでも効き目がありますが、リラックスできる音楽をBGMにしてみましょう。同じメカニズムで「アロマ」も聞きます。

ホットミルク、ホットココアを飲む

睡眠に与えるストレスの影響

眠る前にホットミルクやココアを飲むと、オピオイドペプチドという成分によって体の緊張がほぐれ、寝付きやすくなります。

 

日中に適度な運動をする

睡眠に与えるストレスの影響

寝る直前に運動すると脳が興奮してしまうため、日中に適度に運動すると体が適度に疲れて眠りがよくなります。