現代人に多い不眠症の原因はストレス

現代人に多い不眠症の原因はストレス

不眠症

不眠症の原因は多々あります。
「環境的原因、習慣的原因、身体的原因、精神的原因」とあります。
環境的原因は寝るときの環境が悪い状態、習慣的原因はコーヒーやお酒、たばこの摂取、身体的原因は加齢や病気など。
そして、精神的原因というのが『ストレス』です。

 

いくつも原因があり、人それぞれ不眠症の原因は異なりますし、どれかひとつというわけではありません。
ですが、現代人に多い原因が、ストレスです。その事実をあらわすかのように、現代は「ストレス社会」と呼ばれています。

 

ストレスを感じる要因は、いくつかあります。

仕事の問題、人間関係、家庭の事情

など。
精神的ストレスは小さなものでも積もり積もると過度なストレスになり、自律神経のバランスが乱れてしまいます。
自律神経が乱れることで交感神経が優勢になると、眠りにつくまでにリラックスできず、興奮状態になって眠れなくなります。

 

ストレスをなくせたらいいのですが、非常に深刻です。
というのも、眠れないことがまたストレスになるからです。
「あー寝れない」「今日も寝れない」「明日大切な仕事があるのに!」と、眠れないことがさらにストレスになり、不眠症が深刻化することがあります。
少し前向きに考えましょう。不治の病ではありませんから、「寝れないときもあるさ」「なんとかなる」と気持ちを楽に考えることも大切です。