早めに信頼できる医師に相談を

早めに信頼できる医師に相談を

不眠症

皆さんは朝起きて、スッキリ感はありますか?
「ぐっすり寝れたな〜」「朝からスッキリする!」「目覚めがいい」
起床して、そう感じている人はどれくらいいるでしょうか。実際問題、目覚めが悪いと感じている人は多いとされています。

 

睡眠時間の長さはあまり関係ありません。8時間、10時間とたっぷり寝たとしても、目覚めが悪いことがあります。
「たっぷり寝たはずなのに起きれない…、朝からぐったりする…、だるい…、頭が痛い…、布団から出れない…」など、目覚めが悪い人も多いです。
このような症状が深刻化すると、症状は悪化するのみで治りにくくなってしまうので注意してください。

 

もちろん、少しくらい寝付きが悪いなどで不眠症と決めつけるのはよくありませんが、早めに対処すると事前に対策することができます。
ただ、ここで病院に通院するにも、信頼できる医師のもとで相談することが大切です。
すぐに適当な診断をしたり、睡眠導入剤を処方するより、一緒に具体的に原因を考えたり改善方法をアドバイスしてくれるような専門家が適しています。

 

不眠症は長引くことがありますが、早めに対処していくことで治る問題です。
その原因は自分の生活の中にありますから、原因を考えつつ、専門家に相談しましょう。