不眠症を含む睡眠障害の主な原因要素

不眠症を含む睡眠障害の主な原因要素

不眠症

不眠症を含む何らかの睡眠障害を抱えている方は、まずその原因を知ることが大切になるでしょう。
原因は人それぞれ異なるものですが、大きく分類すると、4つの原因要素があります。
「環境的、習慣的、身体的、精神的」と、このように原因は分別されます。

 

環境的原因要素

不眠症を含む睡眠障害の主な原因要素

寝るときの環境が不眠症など睡眠障害の原因になっている状態です。
たとえば、室温が適していない、光がまぶしい、騒音がうるさい、寝具が合わないなどです。
就寝するときの環境が悪いのならば、それを改善することで睡眠障害は根本的改善につながります。
そのままの状態で放置してしまうと不眠は慢性化してしまうので気を付けましょう。

 

習慣的原因要素

不眠症を含む睡眠障害の主な原因要素

簡単に言うと、「生活習慣」に何らかの原因がある状態です。
喫煙やお酒、コーヒーを飲む習慣などが、原因要素になります。
お酒は寝酒になると言いますが飲み過ぎると睡眠の質が下がりますし、コーヒーはカフェインの影響で寝付きが悪くなります。

 

身体的原因要素

不眠症を含む睡眠障害の主な原因要素

簡単にいうと、身体に原因があることをさします。
たとえば、「年齢」や「病気」などです。
年齢でみると、一般的に30代以上に多いのが特徴で、どちらかというと女性が不眠症に悩まされやすいとされています。
加齢自体が原因要素にもなるのですが、加齢によって深夜に頻尿になることも影響します。
病気では、何らかの病が睡眠障害につながる恐れがあります。
うつ病が代表的ですが、アトピーや喘息でその症状がつらく寝れなくなり不眠症になることがあります。

 

精神的原因要素

不眠症

精神的要素というのは、ずばり「ストレス」です。
自覚していないにしても人はストレスを感じるものです。自覚がある方はとくにひどい状態になっているのかもしれません。
小さなストレスも積もり積もれば山となり、過度なストレスを抱えて、それが自律神経を乱し、眠りを妨げてしまいます。
また、翌日に大事なプレゼンがあるなど、緊張状態や焦りも精神的原因要素とされます。

 

あなたが当てはまる原因はありましたか?
まず、その原因を突き止めて取り除くことが根本的改善につながります。
どれかひとつの原因から発生しているとは限らず、複数の原因が重なって起こることもあります。
いずれにしても、自分自身の睡眠障害の原因を知り、原因をなくすことが大切です。
たとえば、環境的原因要素があるなら寝るときの環境を変え、精神的原因要素がある場合はストレスをなくすこと、病気が原因なら治療が優先的になります。