不眠症の種類と特徴

不眠症の種類と特徴

不眠症

不眠症は睡眠障害の一種であり、不眠症はさらに分類されていきます。
大きく分けると、4つの種類があります。
「入眠障害、熟睡障害、中途覚醒、早朝覚醒」に分けられます。それぞれ特徴が異なり、症状にも違いがでます。
また、いずれにしても症状が継続することで体調不良になり、日常生活に支障をきたすことがあります。

 

入眠障害

不眠症

寝床についてもなかなか寝付けない状態です。入眠しにくい症状を言います。
寝床についてから、実際に眠りにつくまでに時間がかかるタイプです。
医学的には、30分〜1時間ほど寝付けない場合に入眠障害とします。

 

熟睡障害

不眠症

深い眠りの「ノンレム睡眠」が足りていない症状です。
寝ても寝たりない、睡眠時間を確保しても疲れがとれない状態です。
たっぷりと寝る時間がとれても熟睡できなければ、不調を起こします。

 

中途覚醒

不眠症

スムーズに眠りにつけたとしても、夜中に何度も起きてしまう方は中途覚醒というタイプです。
何度もこまめに目が覚めることによって疲れが翌朝まで続くことがあります。
時間的にみると、10時に寝たとしたら、0時・1時・2時と、頻繁に目が覚める状態です。

 

早朝覚醒

不眠症

中途覚醒は夜中の1時や2時、3時〜4時などに目が覚めてしまうことで、早朝覚醒は起きる予定時間の少し前に起きてしまい、そのまま眠れない状態です。
たとえば、7時に起きる予定が4時に目が覚めて、そのまま寝れずに時間がくる状態です。

 

このように不眠症の症状に種類があるように、原因にもいくつか種類があります。
医学的にみても、身体的原因・心理的原因・生理的原因・精神医学的原因・薬理学的原因といったタイプがあります。
心理的原因というのはストレスなどが関係し、生理的原因は時差ボケや夜勤など生活リズムの影響などです。