不眠症の概要

不眠症の概要

不眠症

不眠症には、さまざまなタイプがあります。
寝付きが悪い入眠障害、睡眠時間をとっても熟睡できない熟睡障害、夜中に何度も目が覚める中途覚醒、早朝に目が覚めて眠れなくなる早朝覚醒。

現代人は不眠症を抱えている人が多く、何らかの睡眠障害で精神的ストレスや体調不良などを引き起こすことがあります。

 

不眠症は国民病と言われていて、現代人は約3割が不眠症と言います。
軽い症状だとしても、今まで寝れていたのに突然のように睡眠障害が起こることで、「自分は不眠症かもしれない」と考え、重く考えすぎるゆえに悪化する恐れがあります。

 

そのような不眠症になる原因はいくつかあります。
たとえば、生活環境です。生活習慣が乱れて眠りが悪くなって不眠症になることがあります。また、寝るときの環境が悪いために睡眠に影響をおよぼすこともあります。
中年になると多いのが、頻尿からの不眠症です。
また、全世代に影響するものとして、ストレスです。小さなストレスが積もり積もって過度なストレスになり、コントロールが失われて睡眠障害を起こすことがあります。