不眠症の原因とは?

不眠症の原因とは?

不眠症

不眠症が続くと体に大きな負担になり、日常生活にも支障が出てしまいます。
精神的にも疲労感を感じてしまうので、早めに改善したいものです。
そのためには原因を知ることが大切です。ここでは、主な原因を紹介します。

 

寝る時の環境

不眠症の原因とは?

部屋が明るい、騒音がうるさい、温度・湿度が適してない、布団が合わない、まくらが合わない、など。
こういった寝るときの環境が不眠症を誘発することがあります。
たとえば、温度でしたら夏なら26〜28℃、冬では18〜23℃が適温です。
寝具の見直しも根本的な睡眠障害の改善になることもあります。

ストレス

不眠症の原因とは?

現代人に多い不眠症の原因が、ストレスです。
仕事、人間関係、子供の教育など。
小さなストレスも積もり積もれば過度なストレスと化し、不眠症を誘発します。

タバコ・お酒

不眠症の原因とは?

タバコやお酒に含まれる成分が、いわば覚醒成分です。
コーヒーでもカフェインを含みますから、あまりよくありません。
刺激成分により就寝を妨げます。

病気・薬

不眠症の原因とは?

服用中のお薬が睡眠障害に影響することもあります。
降圧剤やステロイドなども、入眠困難に関わる成分を含んでいることがあるため注意が必要です。
そして、病気の症状や間接的要因で起こることもあります。
たとえば、アトピーや喘息の症状がつらくなかなか寝付けないなど。
うつ病など精神的な病気も不眠症になります。

 

どれか思い当たることはありましたか?
または、複数の原因が重なって不眠症を起こすことがあります。原因を生活から排除することが、根本的改善に重要です。
また、病気の場合には病気を治療することが最重要です。