不眠症になりやすい職業がある?

不眠症になりやすい職業がある?

不眠症

現代は不眠症の発症率が高いとされています。日本人の約3割が不眠症に悩まされているというデータもあります。
生活リズムや生活環境が影響して不眠症になることが多く、その関係から不眠症になりやすい職業というのがあります。

 

とくに「夜勤」がある人に多いのです。
たとえば、医師・看護師、介護士といった職業です。
以上の職業でなくても3交代制などの仕事になると生活リズムが崩れて眠りが悪くなることがあります。
他の例をあげると、コンビニのように24時間営業のスーパーや、長時間のバス運転手・タクシー運転手、工事勤務など。

 

不眠症になりやすい職業がある?

 

無論、夜寝れない仕事だけが不眠症になりやすい職業とは限りません。
事務員やオフィス系の仕事をしている人も、不眠症が多いのが事実です。
その理由は、生活リズムが乱れているというよりも、1日デスクにいるために運動不足であったり、食生活の乱れ、またパソコンの液晶の光の影響などが考えられます。

 

どういった職業にせよ、生活リズムの乱れやストレス、運動不足が影響します。
だからといって簡単に仕事をやめられるわけではございませんから、その他で自分なりに工夫していくことが大切です。
朝方や日中に睡眠をとる方は遮光カーテンを利用して光をシャットアウトするなど、睡眠をとるときの環境を整えましょう。
また、ストレスは自覚がなくても溜まることがあるので要注意です。