不眠症と季節の関係

不眠症と季節の関係

不眠症

不眠症になりやすいタイミングとして、季節と関係することがあります。

 

とくに特定の季節というより、季節の変わり目が要注意です。

春から夏に、夏から秋に、秋から冬にと、季節が変化するときは気温の変動が大きくなり、体調を崩すこともあります。同様に、不眠症を誘発することがあります。

 

また、夏・冬それぞれの季節の環境も不眠症に影響をおよぼします。

 

たとえば、夏は暑くて寝苦しいために不眠症になることがあります。
近年は地球温暖化で気温も高くなっています。
夏の不眠症は、さまざまな症状があります。はじめから寝つけず、暑くて夜中に目が覚めたり、熟睡できなかったりと、あらゆる不眠症の症状が重なります。

 

また、春先は何かと環境が変化し、ストレスが関連して不眠症になることがあります。
五月病という症状があるのと似たような理由です。環境の変化が影響します。