不眠症の予防・改善方法!

体にやさしく不眠症を解決!オススメのサプリメントランキング

不眠症

潤睡ハーブの特徴

不眠症の対策、改善にオススメのサプリメント堂々第一位は、『潤睡ハーブ』です。 満足度85%を誇る実力派の休息サプリで、植物由来の成分を使っているので体に負担にならず、安心です。 ストレス除去成分や体温調整成分などが配合されていて、脳の神経伝達物質セロトニンを作る必須アミノ酸も含まれ、睡眠ホルモンのメラトニンを産出させて睡眠の質を改善します。 成分の一例をあげると、金時ショウガやヒハツなど体にやさしいものばかりです。 リラックスして毎晩ぐっすりをサポートしてくれます。 サプリメントの中でも圧倒的コストパフォーマンスで、人気を集めています。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 通常3,990円 (1袋90粒入り)

不眠症

北の大地の夢しずくの特徴

布団に入ってもなかなか眠れない、寝付きが悪いという方に、休息サポートに『北の大地の夢しずく』がオススメです。 これは、自然な眠りをサポートする成分が含まれています。 北の大地で育つアスパラガスから抽出した、休息誘発成分を配合していて自律神経を整えたり、抗ストレス素材として注目を集めています。 さらに、ギャバやホップエキス末、ユッカ抽出物、ビタミンB6,B2,B1、L−テアニンなど天然成分がたっぷり配合されています。

価格 3,790円
評価 評価4.5
備考 定期コース:3,411円 (30本入り)

不眠症

ネムリスの特徴

毎晩ぐっすりと眠りたい方に、『ネムリス』というサプリメントをご紹介いたします。 実力派のサプリメントで、実感力は92%となっています。 ラフマ葉抽出物成分が配合されているのが特徴です。これはリラックスハーブのことで、休息の実感と安全を持ち合わせた話題のハーブ。 セロトニンを増やす11種類もの成分が配合されていて、眠りと体をサポートします。

価格 5,670円
評価 評価4
備考 定期コース:6,300円 (1本180粒入り)

不眠症

マインドガードDX(ドリンクタイプ)の特徴

第二位にランクインしたマインドガードDXのドリンクタイプをご紹介します。 ドリンクタイプも、粒タイプと同様に睡眠をサポートする成分がたっぷりと配合されています。飲みやすく、これを飲んだ翌朝はスッキリ快適。

価格 6,810円
評価 評価3.5
備考 1本500ml

不眠症

スヤナイトαの特徴

現代を生きる成人の3人に1人は不眠症というデータがあるほど、休息がとれていない人が多いです。 次の日の不安を取り除き、気持ちよく眠りたい方に『スヤナイトα』がオススメ。 スヤナイトαには、リラックスに大切なアミノ酸が含まれています。グリシンとトリプトファンという、不足したときに睡眠に悪影響をおよぼす成分を含んでいます。

価格 5,980円
評価 評価3
備考 定期コース:5,083円 (1本30カプセル入り)

不眠症

マインドガードDX(粒タイプ)の特徴

現代人は睡眠障害を抱えている人が多いとされています。 睡眠不足が習慣化すると日常生活にも支障が出てしまうので、しっかり睡眠をとりたいところ。 しかし、あまり薬には頼りたくない…。そんな方に、『マインドガードDX』が人気です。粒タイプのマインドガードDXは、良質な睡眠に必要な栄養がほうふな「ノニ」を含んでいます。 健康素材として知られていて、セロトニンの生成を助けます。さらに、眠りに良いグルシンの100倍もの効果があるとされる「クワンソウ」なども配合していて、翌朝のスッキリ感に満足度が高い商品です。

価格 7,340円
評価 評価2
備考 1袋60粒入り

不眠症

リクラミンSeの特徴

脳の神経伝達物質であるセロトニンは、心のバランスを整えるために重要です。 『リラクミンSe』というサプリメントには、セロトニンをはじめ、ギャバやクワンソウなども配合した今を生きる現代人向けのサプリメントに仕上がっています。 国産にこだわって作られていて安全性があるだけでなく、日本人の胃腸でも吸収されやすいのが特徴です。

価格 3,400円
評価 評価2
備考 定期コース初回:2,720円 (1袋60粒入り)

 

睡眠障害・不眠症の種類

 

不眠症というと、一般的に寝付きが悪く寝られないことを指すように思われるかもしれませんが、不眠症もとい睡眠障害にはいくつかタイプがあります。
大きく分類すると、四種類に分けられます。

 

入眠障害

不眠症サプリ 体にやさしく不眠症を解決!

布団に入ってもなかなか寝付けない状態です。要するに入眠しにくい症状を言います。
寝床についてから実際に眠りにつくまでに時間がかかるタイプです。
医学的には、30分〜1時間ほど寝付けない場合に入眠障害とします。

熟睡障害

不眠症サプリ 体にやさしく不眠症を解決!

深い眠りのノンレム睡眠が足りていない症状です。
寝ても寝たりない、睡眠時間を確保しても疲れがとれない状態です。
簡単に言えば、睡眠の質が悪い状態です。

中途覚醒

不眠症サプリ 体にやさしく不眠症を解決!

スムーズに眠りにつけたとしても、夜中に何度も起きてしまう方は中途覚醒というタイプです。
何度もこまめに目が覚めることによって疲れが翌朝まで続くことがあります。

早朝覚醒

不眠症サプリ 体にやさしく不眠症を解決!

中途覚醒は夜中の1時や2時、3時などに目が覚めてしまうことで、早朝覚醒は起きる予定時間の少し前に起きてしまい、そのまま眠れない状態です。

 

不眠症について、知っておきたいこと

不眠症サプリ 体にやさしく不眠症を解決!

不眠症とは、上記にある通り、さまざまなタイプがあります。
一般的にとにかく寝付きが悪く寝られないことだけが、不眠症の症状ではございません。

たとえば、寝付きがよくても夜中に何度も起きてしまうのは不眠症の一種(中途覚醒)です。寝ても寝足りず眠気がくるような状況も不眠症(熟眠障害)です。
このようにタイプがいくつかあるので、アナタの症状ももしかすると、睡眠障害かもしれません。

 

また、不眠症は職業などと関係していることもあります。
とくに夜勤が多い職業に関しては、体内リズムが乱れてしまうことで不眠症につながります。
日光を浴びたときに分泌されるセロトニンという物質により体だけが覚醒することもあるため、睡眠の質が悪くなりやすいとされています。

 

夜寝る生活リズムの方でも、ついつい布団の中でもスマホをいじったり、寝る直前までテレビやパソコンを利用していませんか。
こういった行動も、睡眠の質を悪くさせます。
液晶の光が脳に刺激を与えてしまうため、興奮状態になり寝付きが悪くなります。寝る1時間前からはあまりテレビやスマホなど光の影響を受けないようにした方がよいでしょう。

 

睡眠障害になると、一般的に薬で治そうという考え方があります。
病院に行くほどではないと考え、あるいは診察を受ける時間がなく、市販薬を使う方も多いと思います。
確かにお薬は睡眠をとることができますが、あまり良い眠り方ではありません。自然に眠ることが理想的です。
お薬では根本的解決になりませんので、生活を改め、身体にやさしい方法として、サプリメントを取り入れていきませんか?

睡眠障害に悩んでいる方へ

不眠症

不眠症とは縁がなく、今まで問題なく睡眠がとれていた方ほど、睡眠障害になると悩まれる傾向にあります。
体が疲れているはずなのに寝付きが悪い、布団の中でゴロゴロとしているうちに、「もしかしたら自分は不眠症かもしれない」と考えると、眠れないことがストレスになり、さらに悪化することがあります。

 

時に寝付きが悪い日もあるので、あまり難しく考える必要はありません。
少し気持ちを楽に、考えてみましょう。軽く考える気持ちが大切なのです。「寝れない日もあるさ!」という風に、楽に考えてください。

 

しかしながら、どうしても「明日は朝から会議が・・・、仕事でミスったらどうしよう・・・」と、考え過ぎてしまうこともあります。
そういった場合、カウンセリングを受けたり、同じように悩んでいる人と分かち合うことで気持ちも楽になるものですが、周囲にそういった人がいなく、カウンセリングや病院に行く時間もないと自分ひとりで抱え込み過ぎてストレスが溜まってしまいます。

 

できれば、ストレスを緩和させるためにも人に相談したり、専門家に話を聞いてもらうことも大切です。
また、サプリメントの力を借りながら自然な睡眠を得るべく、ストレスを緩和するなど、メンタルケアもしていきましょう。

不眠症サプリ 体にやさしく不眠症を解決!最新記事一覧

不眠症の原因とは?
不眠症が続くと体に大きな負担になり、日常生活にも支障が出てしまいます。精神的にも疲労感を感じてしまうので、早めに改善したいものです。そのためには原因を知ることが大切です。ここでは、主な原因を紹介します...
睡眠に与えるストレスの影響
健康体とストレスは離しても離し切れないほどの関係があります。現代人が悩む不眠症の原因の多くが、ストレスの影響とされています。自分ではストレスを感じている自覚がなくても、小さいストレスが日ごろから溜まっ...
不眠症と季節の関係
不眠症になりやすいタイミングとして、季節と関係することがあります。とくに特定の季節というより、季節の変わり目が要注意です。春から夏に、夏から秋に、秋から冬にと、季節が変化するときは気温の変動が大きくな...
不眠症で入院することがあるって本当?
不眠症も悪化すると、入院することがあります。実際に不眠症によって入院治療を受けたケースがあります。過去のケースをあげえてみると、1週間ほとんど眠れずに入院された方がいます。ストレスが原因と考えられ、そ...
不眠症になりやすい職業がある?
現代は不眠症の発症率が高いとされています。日本人の約3割が不眠症に悩まされているというデータもあります。生活リズムや生活環境が影響して不眠症になることが多く、その関係から不眠症になりやすい職業というの...
不眠症の定義や期間
不眠症とは、何らかの不眠症の症状が週2回以上、1ヶ月以上継続した場合をさします。もっとも、1年以上にわたり不眠症の症状が続いている人が多いとされています。要するに、何らかの睡眠障害が出ていてもすぐ病院...
睡眠導入剤・安眠剤のメリット・デメリット
睡眠障害・不眠症は日常生活に影響をおよぼします。次の日はすっきりせず、体調を崩したり、日中の仕事に影響することもあります。また、悪化すると病気を発症する恐れもあります。そんなときに利用するのが、お薬。...
不眠症の概要
不眠症には、さまざまなタイプがあります。寝付きが悪い入眠障害、睡眠時間をとっても熟睡できない熟睡障害、夜中に何度も目が覚める中途覚醒、早朝に目が覚めて眠れなくなる早朝覚醒。現代人は不眠症を抱えている人...
不眠症と睡眠障害の違い
不眠症と睡眠障害は似た言葉として用いられることが多いです。まず、不眠症とは、「眠れない、眠りが浅い、寝付きが悪いなどの状態が1ヶ月以上続き、その影響で日常生活に支障が出ている状態」をさします。現代人の...
不眠症を含む睡眠障害の主な原因要素
不眠症を含む何らかの睡眠障害を抱えている方は、まずその原因を知ることが大切になるでしょう。原因は人それぞれ異なるものですが、大きく分類すると、4つの原因要素があります。「環境的、習慣的、身体的、精神的...